欲しくない財産も誰かが相続しないと

私が相続で経験した中で一番意外だったのが、相続する物の中には欲しくないのもあるということです。普通は家だったり土地だったり預金だったり財産となるものは、相続する時には少しでも自分の方に多く来てほしいと考えるものです。兄弟がいない一人っ子であれば悩むことも揉めることもないでしょうが、兄弟が複数いると財産分与のことはシビアなものとなってきます。それまでは非常に仲の良い兄弟だったのに、親が他界して相続の話が出てきた途端に亀裂が生じてくることも珍しくありません。相続人が3人いれば3等分が通常ですが、どこかで自分が少しでも多く貰う権利があると主張したがる人が出てきます。それが一般的ですが、私の経験ではその逆もあるということです。例えば全く使い道のない荒れ果てた田んぼだったり、住んでいる県以外のところに廃墟となっている土地家があったりすると、相続における分散が面倒なことになります。誰も欲しがらないし、そのままにしておいても固定資産税がかかってくるし、売りたくても売れないしという状況が出てきます。そうなってくると3人の中で誰も相続したくないのに誰かが相続しなければならなくなります。そのように相続で財産を奪い合うのではなく、全くその逆のパターンもあるということも考えておく必要があります。