遺言状がない遺産相続は一人に集中するのがスムーズ?

親の遺産相続はどちらか片方の親が亡くなった場合の方がスムーズなように思います。そういった大阪での医院開業ではと遺産相続もそうですけれど、身内の死に関わる話はしたくないですけれど、しかし突然の別れはやってくるものですからね。そうなったら、気持ち的にはすごく嫌でもお金の話はしなくてはならないわけですから。

それでも我が家の場合はシンプルでした。両親同時に亡くなったわけではなくて、片方の親がなくなりましたので、資産はその配偶者へと全額渡しましたから。ですから兄弟間でもめることはなかったわけです。

これが法律に基づいて子供達にも何分の何ずつ分配とかなってしまったら、もめることもあったかと思うんです。だって、親の資産は一戸建て住宅もあれば、その住宅が乗っている土地だってありますし、それに貯金だってありますから。ですから誰がどれを貰い受けるのかといった問題が出てくるわけです。

しかし誰かひとり(この場合は配偶者)がすべて貰い受けるのでしたら、とくに問題が起こりませんからね。実際不満はなく、兄弟一致で決まりましたし。ですから遺言状がない遺産相続にしましても、残された配偶者が貰い受けるのがスムーズかなーと思います。